商品代7000円以上で送料無料となります。

※ご依頼主様が同じ住所で、お届け先の住所は別々の場合も、商品代合計7000円以上であれば送料無料となります。ご注文後、弊社で送料を訂正いたします。

ベゴニアのサイズをご確認下さい。→こちらから

 

べゴニアの育て方

水やりは?

生産者の言葉にも「水やり3年」という言葉があるように、水やりにも3年間くらい技術を習得するには時間がかかると、いうような言葉があります。そのくらい水やりは難しいのです。

ですが、ベゴニアの根がたくさん張り出す開花期になりますと一般の方でもコツさえつかめば水やりが簡単にできます。ここでは水やりのポイントをご説明します。

Ⅰ:土の表面が白く乾いたら、水をあげるタイミングです。ここで注意するのは水をたっぷり鉢底から水がしみ出る程、与えます。よく水やりを控えめにとあいまいな表現で書かれたラベルや記事を見ますが、ベゴニアの場合は乾いたらたっぷり水を与えます。水量を控えるのではありません。

Ⅱ:水やりのタイミングは生産者がどのようなタイミングで水やりをするか判断するかというと、ズバリの重さです(商品の重さ)。重さを正確に測るわけではないですが、鉢を持ち上げた時ズッシリ重いと水が鉢内にあります。しかし、次第に鉢内の水分が少なくなると鉢が軽くなります。実際に、水やり直後と乾いたときを持ってみると違いがわかります。鉢が軽くなったら水をあげましょう。実際に鉢を持ってみて重さを比較してみると、違いが分かると思います。

Ⅲ:注意点で植物をダメにしてしまうのは愛情過多による、頻繁な水くれです。根は加湿を嫌い、空気を必要とします。ですので頻繁に水くれをしすぎると根は加湿により、酸欠を引き起こします。人間と一緒で空気が必要なのです。水を与える前に土の表面が白く乾いているか、鉢が軽くなっているか確認して水やりをする習慣を身につけましょう。また、葉をできるだけ濡らさないようにします。画像のように鉢の表面に水を流し入れます。葉をあまり濡らしすぎると葉を傷める原因になります。

コメントする

名前

URL

コメント

店長紹介

ベゴニアライフ 吉岡拓海(タク)

2011年夏、1ヶ月間、オートバイで日本中を旅しておりました。
旅の中で事故に遭うかもしれない。最悪、命を落としてしまうかもしれない不安と、無事に走り通して、未来を拓きたい希望の気持ちが入り混じりながらオートバイで走っておりました。旅の中で人間に対して、日本に対して、自分に対して、発見がありました。歴史上の建造物や絶景を見たり、地元の人と酒を交わしたり、野宿をしたりと。
今となっては二度と体験できない貴重な体験です。そして、幸運な事に無事故で故郷へ戻ることができました。その時、深く自分の心に刻みました。せっかく活かされた命ですから、自分にしかできない事を世の中に還元しようと決意して就農しました。

2011年、8月19日(有)ヨシオカ園芸に就農

ベゴニアの独自際栽培方法を確立するため、ひたすらテスト栽培を続けました。そして仕事の中で、人々との出会いをきっかけに、人の喜び、感動、幸福に直接、貢献したいという思いが強まり、家族の反対(相当な心配)はありましたが、何とか説得し
2015年、2月20日ECサイト、ベゴニアライフを立ち上げました。
「ブランディングは1つ1つの事柄をしっかりと積み重ねる」これを信念として、事業に専念しています。

【ビジョン】贈った方、贈られた方の人生が、物心共に豊かになるベゴニアを生産する。

どうぞ、よろしくお願いします。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ