ベゴニアライフ タクのブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 俺の歴史視点

俺の歴史視点

読書を通じて、人物がなぜそういう行動をとったのか?
なぜそのような結果になったか?
考察していきたい。

巨鯨の海

歴史小説といえば合戦物や教科書にのるような出来事が題材とされやすいでしょうが、伊東潤さんがモチーフとしたのは江戸以前からなる和歌山県太地の鯨組が『組織捕鯨』を確立させ、捕鯨を通じて、その共同体を運営する物語です。 現在、 …

入門経済

ぼくは経済をよく解っていない。もちろん学問も修めていない。 だから今から学ぼうと思っている。経済思想は誰が想い描き、どのように成り立ち、自分が仕組みの中でどのような立ち位置にいるか理解していきたい。 だが、いきなり全てを …

武田家滅亡 作・伊東潤

さて今日のテーマは戦国最強といわれた武田家。信玄の四男の武田勝頼がいかにして、武田家が崩壊して破滅の道を歩んだか。 結論から勝頼の最後を申し上げると勝頼は天目山に40数名の家臣と100人程の女子供の身内と落ち延びます。 …

PAGETOP
Copyright © BEGONIA LIFE All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.